ダーティーの読書ブログ

本の感想を書くためのブログ

史上最強の哲学入門

著者-飲茶(やむちゃ) 河出文庫

内容
古代より、「真理」について議論されてきた。

真理とは、確実な根拠によって本当であると認められたこと。ありのまま誤りなく認識されたことのあり方。(wikipediaより)


1章 真理の「真理」
プロタゴラス(BC485〜410)がギリシア相対主義を説いた。「人間は万物の尺度である」
ソクラテス(BC469〜399)が「無知の知」を広めた。
デカルト(1595〜1650)が言った「我思う。ゆえに我あり」
ヒューム(1711〜1776)は「自我」「神」「化学」を否定した。
カント(1724〜1804)は「真理とは人間によって規定されるもの」と主張した。
ヘーゲル(1770〜1831)は真理とは「弁証法」を使って形作られると説いた。
弁証法とは対立する意見をぶつけて闘争させ物事を発展させていくやり方。
キルケゴール(1813〜1855)は実存主義(自分自身の真理が一番大切)を主張した。
サルトル(1905〜1980)は「人間は自由の刑に処されている」と言った。
レヴィ=ストロース(1908〜2009)は構造主義(目指すべき唯一の文化、究極の社会なんてものはない)を主張する。
デューイ(1859〜1952)は真理なんてどうでも良いから役に立つか?で考えようと、プラグマティズム(実用主義道具主義)を提案した。
ジャック・デリダ(1930〜2004)は到達できない真理は不毛だとして脱構築を提案。※脱構築は私には理解できません(笑)
レヴィナス(1906〜1995)は他者論を説いた。「絶対に確実だと言えるのは『私』と『他者』の存在なのだ」「この世界とはこの二者によって構成されているといえる」

2章 国家の「真理」
プラトン(BC427〜347)は究極の理想な国家を知ることができる人間が国家を運営していくべきだ(イデア論)と唱えた。
アリストテレス(BC384〜322)は『論理学』を用いて国家について分析した。
ホッブズ(1588〜1679)はなぜ国家に支配者が必要かリバイアサン(架空の化け物)を用いて説明した。「社会契約説」
ルソー(1712〜1778)は真の権力者は民衆であると「人民主権」を訴えた。
アダムスミス(1723〜1790)は市場には「見えざる手」が働いているから国が手出してしなくていいと言った。
マルクス(1818〜1883)は資本主義より優れた社会システムとして「共産主義」を提唱した。

3章 神様の「真理 
エピクロス(BC341〜270)は「快楽主義」を唱え、人間の普通の快楽を肯定して生きろと言った。
イエス・キリスト(BC4〜AC30)「汝の隣人を愛せ」「汝の敵を愛せよ」と言った。弟子たちがキリスト教を作った。
アウグスティヌス(354〜430)は「懺悔」をキリスト教の教義にした。
トマス・アクィナス(1225〜1274)は「神学」と「哲学」の調和を説いた。
ニーチェ(1844〜1900)は「神」を否定し、人間の果てなき向上心を持てと言った。

4章 存在の「真理」
ヘラクレイトス(BC540〜480)は「存在」とは「変化」するものと言った。
パルメニデス(BC515〜450)は「存在」とは「不変」のものだと言った。
デモクリトス(BC460〜370)は「原子論」を唱えた。「物質」は変化するし、「原子」は不変だと言った。
ニュートン(1642〜1727)は「力学」を生み出して、地上や宇宙のことを説明した。
バークリー(1685〜1753)は「存在」とは「知覚されること」であると言った。(主観的観念論)
フッサール(1859〜1938)は「現象学」を作り出す。主観的な意識の上におこるあらゆる体験を『現象』と名づける。
ハイデカー(1889〜1976)は「存在」とは「人間の中」で生じるものと言った。
ソシュール(1857〜1913)は「記号論」を使い「存在」について説明した。「存在」とは『価値』を見出されて存在するものと言った。「価値を見出す存在」がいなければ、「存在」しないことになる。

https://www.kawade.co.jp/sp/isbn/9784309414133/

スターウォーズに学ぶ国家・正義・民主主義

f:id:Sanity375:20220222164807j:plain
著者-岡田斗司夫 SBクリエイティブ

内容
本書から抜粋

古代ローマ、共和制から帝政に変わるまで
紀元前1世紀頃、カエサル(ジュリアス・シーザー)がローマで台頭してきた。それまでは共和制で政治を行っていたが、領土が拡大すると敵国から守るには共和制の限界を感じたカエサル元老院を支配し、ローマ帝国の初の独裁官となる。カエサルの死後も帝制が続いていった。



ジェダイ人間性がない?
ジェダイは、欲望を捨てて生きることを教える。シスは人間の欲望に従って生きる。どちらが正しいのかとう話ではなく、人間として正しく生きれば良いとスターウォーズが教えてくれる。



・人は善悪で決める癖がある
「あの人(国)は悪い人(国)だ」と決めつける。認知バイアスだと思われる。



・政治の役割とは?
❶「正義」・・・多様な正義を戦わせて議論するのが民主制。
❷「分配」・・・税金を集めて共同で使う設備を作ったり、貧乏な人を補助する。
❸「機会」・・・選挙、教育など。
❹「救済」・・・障害のある人、お金がない人をフォローする。
❺「保障」・・・世の中の理不尽(災害、戦争、事故)から国民を守る。
❻「祭祀」・・・イベント。オリンピックなど。国民が一体感を得られる。



・平等主義とリバタリアニズム
平等主義・・・社会の格差問題。才能ある人、お金がある人は、社会に還元しなければならないという考え。

リバタリアニズム・・・完全自由主義。そういう思想の人をリバタリアンと呼ぶ。「絶対権力は必ず腐敗する」という信念をもっている。個人の完全な自治を標榜し、究極的には国家や政府の廃止を理想とする。



・暴力、話し合いはでは解決しないこと
歴史を見れば、暴力や話し合いでは解決できないことが山ほどあった。あるのは「決着」のみ。



感想
全く政治について無知だった自分が政治、正義、民主主義について、考えさせられるキッカケになった本だと言える。スターウォーズ、アメコミ、ガンダムの世界を深いところまで考察する本。とても楽しめる良書だと思う。

アドラーに学ぶ〜よく生きるために働くということ

著者-岸見一郎 KKべセトセラーズ

内容 (本書より抜粋)

<1章>なぜ働くのか?

・人生の課題について

・分業について

・対人関係について

<2章>あなたの価値は「生産性」にあるのではない

・働けなくなった時

・仕事の目的

<3章>職場の対人関係を改善するために

・人の性格について

・上司が叱る・褒める事について

<4章>幸せに生きるためのこれからの働き方

・人生の調和

・自分が第一義を決める

 

 

要約

人間は一人で生きているのではなく、他者との共同体の中で生きている→人生の課題

 

仕事もそれぞれが得意なことを分業し共同体の中で貢献していかなければならない

 

貢献することで、自分に価値があると思える

 

人間の悩みは対人関係が全ての悩みである

貢献感があれば対人関係に入っていく勇気がもてる

 

私たちの仕事は常に共同体のことを考え、他者に関心をもってなさなければならない

 

家事による貢献

仕事ばかりでなく、家族に対する貢献もしなければならない

 

働けなくなった時をどう考えるか

「老い」は必ずくる

自分の価値を「できること」だけに求めて生きないことが大切

 

仕事の目的は「他者貢献」

人間の価値は「何が出来るか」ではなく「生きていることそれ自体」

生産性でしか計らない社会の常識にとらわれない

 

性格を生まれつきのものと考えるのではなく、目の前の人との関係性で見る

 

アドラーは人をタイプ分けをしない

 

上司が部下を叱る事ではメリットはない

叱ることは、怒ること

怒りは人との距離を遠ざける

褒めることも、上から下にかける言葉

部下の貢献に注目し「ありがとう」でいい

上司に間違っていれば反論すればいい

人間としては対等な関係なのだから

 

ワークホリック(仕事中毒)の人は人生の調和を欠いているかもしれない

働くことを生きることの中でどう位置付けるか

 

仕事は他人との競争ではない

仕事において何が一番大事なことなのかがわかっていれば、他の人がどうするか、また自分が決めてしたことであれば他の人からどう思われるかはどうでもいい

 

働くこと自体よりも、働くことを含めた「生」にこそ価値があるのであり、働くことがそのまま生きること

 

 

アドラー心理学 基本用語 [本書より抜粋]

 

人生の課題

「仕事の課題」「交友の課題」「愛の課題」の3つがある

それぞれを独立して解決することはできない、各々の課題を解決するためには他の二つの課題も解決する必要がある

 

貢献感

共同体に貢献することにより自分が役立っていると感じる感覚

 

 

共同体感覚

Social interest「他者への関心」の和訳

 

 

 

 

 

 

アドラー心理学入門

著者-岸見一郎 kkベストセラーズ1999

 

アドラーは、1870年オーストリアのウィーンで生まれる。病弱だった彼は医師になり、その後社会主義などに関心をもち、妻と結婚し4人の父親となる。

個人心理学会(アドラー心理学と呼ばれる)を1913年に設立。第一次大戦中は軍医として参戦。

その後アメリカに移住し大学の教授として活動。1937年に67歳で生涯を閉じる

 

アドラー心理学では、人間の悩みは全て対人関係の悩みだという考え方

 

話が通じない、この人とは分かり合えないな、と感じた経験はないだろうか?

 

アドラーは、「そもそも人は分かり合えない」と言っている

ではどうすれば良いのか

 

 

 

 

アドラーならこう答える

「話し合え」力によるものではなく話し合いで解決しろと

 

 

 

アドラーは縦の関係(上下関係)は精神的な健康を損なう最も大きな要因であると言う

「横の関係を築きなさい」

 

 

 

 

それでも解決できないなら、なお話し合うしかないと答えるだろう

それしか解決する方法がないのだから

 

 

ここからは個人的(私)な感想

 

 

相手の事が好きになれない(家族や身近な人の場合)

 

 

 

「相手が許せない」と思える時…

 

そういう時は、一旦問題を棚に上げておく

そういう時は、感情に支配され易い

(アドラーは感情に支配されることも認めていない)

 

 

いくら時間がかかるか分からないが、少しずつ話をする(お互いに歩み寄るまで)

 

 

話合うことを諦めたら、永遠に問題は解決しない

 

 

 

どんなに話が噛み合わなくても、理解されなくても伝える、また理解しようとする

(言葉だと簡単だが実際にはかなりエネルギーを使う)

 

 

 

 

会社の人とは、簡単

割り切って接するのが一番

パワハラはちゃんと告発する勇気

 

 

 

人それぞれ人間関係(対象)は違うけど、接する頻度が高ければ高いほどストレスに関係が大きい気がする。

 

 

アドラーは価値観について、「何が正しくか、正しくないかは相対的である」と言っている

 

 

「あの人が気に食わない」としても、アドラーは人の課題に土足で踏み入るな!と言っている

人はそれぞれの価値観の中で生きているのだ

※もちろん自分が含まれていることも忘れずに

 

「人は自分が意味付けした世界に生きている」

 

 

 

 

 

アドラー心理学 基本用語 [本書より抜粋]

 

不適切な行動

相手の迷惑になる行動のことをそう呼ぶ

手続き(話し合い)を踏んで改善を要求する権利がある

 

 

中性の行動

適切でも不適切でない行動

本人の意思を尊重し、他人が頼まれもしないのに介入していく権利はない

 

 

課題の分離

誰の課題かは最終的に誰が責任を引き受けなければならないか、あるいは選択の結末を引き受けなければならないかを考えればわかる

 

認知論 

人は皆それぞれが意味づけした世界に生きているという考え方。人間が客観的な世界に生きてはいないということ。